カスタムドール・ハンクラ(裁縫/粘土細工/木工他)・3Dモデリングなどの、少しずつ低クオリティから脱却を試みている画像保管庫。

L.Q.Scrapbook ホーム » キャラドール:自キャラ » みんな違ってみんないい

みんな違ってみんないい

「こいつ最近MMDばっかいじり倒してんなー」と呆れられているに違いない。
…しょうがないじゃん…だって楽しいんだもん!!!!(半ギレ)

というか、元々、好きなキャラクターを立体化・可動化するための手段として
ドール趣味にはまった私にとっては、
ドールをいじるのと3Dのキャラデータをいじるのとはほぼ同義だし。

直接触れることはできないけど、3Dもなかなかいいもんですよ。
一度作ってしまえば、いろんなポーズでいろんな角度から見られるし。
モーション入れるだけで自由に動いてくれるし。すぐアウトプットできるし!

今回、ちょっと試験的にやってみたのがこちら。

IMG_1369.png

ドール3Dイラストを同じレギュレーションで画像にして並べるという試み。
縛り内容は
・同じキャラで
・1種類30分以上時間をかけず
・構図はちゃんとこだわる
というもの。

ドールはもっさもさの髪のクロマキー加工が大変で20分かかってしまったwww
イラストは(まあ最初から勝負になるとは思ってないけど)30分フルで使ってこの有様。
で、当然ながら、出力の早さでは3Dが圧勝。
ポーズ付け・重力調整・軽いレタッチなどを含めても10分程度で終わった。

このスピード感がいいんだよなぁ。
パオフゥ&うらら動画も1週間で全体の1/5ぐらいできたし。
手描きだと1年以上かかって、そのころには気持ちがだいぶ落ち着いてしまっているに違いない。


続きはどうでもいい自分語り(長い)
 






3Dモデリングって、MAYAとかの高額なソフトがないとできないと思って
昔は完全にスルーしてたんだけど、実際は無料でもできるし、ネットで講座も色々見られるし、
ドールと違ってお金をかけなくてもできる趣味なんだよね。
私の今までの支出も、メタセコのライセンス代5千円のみ。

だから、MMDにハマった時
「すごい!どんなキャラでも自在に踊ってくれる!楽しい!!
これは…今後ドールとかいじらなくても満たされて
趣味への出費が殆どなくなるんじゃあないか?」

って思ったんだよ。

まあ、それは完全な錯覚だったけどね。
ドール趣味・フィギュア趣味は別腹でした。

稼働する素体って…なんか浪漫があるんだよねえ。

パオフゥとうららも、無理そうだからMMDで作ったけど、
ドールで再現できるかどうか真剣に考えたし、
2人揃ってドール化できそうなら本当は真っ先にやってたんだよなぁ。

大体、なんなんだよあの髪型は…うららめ…(理不尽な怒り)



私の中で萌えが高まった時に
「カスタムドールとして表現するか」「MMD用にモデリングするか」の判断を下すまでの過程を
フローチャート化してみたらこんな風になった。

flow.gif
私の前にはMMD沼が大きく口を広げている…ようにも見えるけど、
ドールの方にポジティブな気持ちが向いていることに注目していただきたい。

何が言いたいかっていうと…
たまに他の趣味にフラッと行くこともあるけど大目に見てほしいの☆みたいな。
浮気の言い訳みたいなやつ。
 
関連記事
コメント
非公開コメント